メンバープロフィール


 寺本 眞一(那智勝浦町長)

 紀伊半島の南東端に位置し、熊野古道の終着点でもある那智勝浦町は、那智山の門前まち那智町と、温泉と漁業のまち勝浦町などが合併し、昭和30年に誕生しました。その後昭和35年に2町村が加わり現在の姿となっています。

直下133mの那智の滝に加え、まぐろ延縄漁法による生マグロの水揚げなどが日本一。また、富士山が見える最遠の地(322.6㎞)でもあります。

 世界文化遺産関連では近年、「癒しのハイキング・熊野古道中辺路、那智参詣道」に力を入れています。語り部に導かれ熊野古道「那智参詣道」を徒歩で巡るという試みで、参加無料、予約不要です(実施は毎週土・日)。

気候温暖にして、風光明媚、雄大な自然に恵まれ暖かさ、豊かさ、厚い人情が溢れる那智勝浦へ、是非おこし下さい。

 http://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/top/top.aspx

国土交通省国土政策局「国土数値情報(世界文化遺産)」をもとに、世界文化遺産連携会議が加工しました。

国土数値情報約款

World Cultural Heritage (Japan) 日本の世界文化遺産