メンバープロフィール


 島袋 俊夫(うるま市長)

 市の紹介:沖縄本島の中部東海岸に位置するうるま市は、平成1741日に隣接する具志川市、石川市、勝連町、与那城町の22町が合併して誕生しました。
 本市は、県内中部地域唯一の有人離島である津堅島を含む8つの島々や海中道路、海洋レジャーに適した多くの海浜を有するなど、美しい風景と豊かな自然環境に恵まれた風光明媚なまちです。

また、世界遺産群の一つである勝連城跡をはじめ、貴重な歴史遺産や文化財が数多く保存され、各地区のエイサーや獅子舞などの伝統文化が、若い世代にもしっかりと受け継がれています。  

http://www.city.uruma.lg.jp/ 

略歴:昭和27年生まれ。昭和51年沖縄国際大学短期大学部経済学科卒業。平成2年具志川市議会魏員に初当選し、平成17年から21年までうるま市議会議員。平成21年5月15日うるま市第2代市長に就任。その間具志川市議会史編さん委員会委員、うるま市議会基地対策特別委員会委員、具志川市議会議長、うるま市議会議長、九州市議会議長会理事、全国市議会議長会産業経済委員会副委員長等歴任する。

 趣味はカラオケ、闘牛観戦、絵画鑑賞。


国土交通省国土政策局「国土数値情報(世界文化遺産)」をもとに、世界文化遺産連携会議が加工しました。

国土数値情報約款

World Cultural Heritage (Japan) 日本の世界文化遺産