「世界文化遺産」地域連携会議の活動

1 交流・情報交換

・・・総会・交流会・地域会合等を開催し、地域間また官民の関係者間の交流・情報交換を促進。
多様な事業実現の「プラットフォーム」となることを目指しています。

発足総会(2011・6・7:於・東京)
2012年度総会(2012・7・5:於・東京)
2013年度総会(2013・8・20:於・東京)
2014年度総会(2014・10・24:於・京都)
2015年度総会(2015・7・14:於・東京)


2 研究・要望

・・・「世界遺産特別法」の成立などを通し、地域間の共通課題解決を目指します。
地域間の共同事業(例:観光ゴミ持ち帰り運動)や世界遺産+新幹線による訪日旅行促進なども、重要な研究テーマです。

 自治体実務者勉強会(2012・2・20:於・京都)
 2012年度要望活動(2012・7・5)
  • 日程、資料
  • 内閣府:沖縄における世界遺産の観光活用アドバイザリー会議(2012-13)
 2013年度要望活動(2013・8・20)
  • 日程、資料
  • 2015年度要望活動(2015・7・14)
  • 資料
  • 2016年度要望活動(2016・8・30)
  • 資料
  • 3 広報・情報発信
  • ・・・世界文化遺産はまさに「国の光」。
    国際的な相互理解や世界平和構築にもつながる、一大コンテンツです。
    当面は基礎的情報(HP・映像・紙媒体・・・)を整備しつつ、情報発信力の強化に官民・地域連携で取り組みます。
 東京メディア訪問(紀伊山地の霊場と参詣道)
 海外日本機関への世界文化遺産パネル送付
 世界文化遺産地図展(京都駅地下街ポルタ)
 東京メディア訪問(姫路・斑鳩・奈良)
 名古屋メディア訪問(紀伊山地の霊場と参詣道)
  • (2013・11)
 東京メディア訪問(京都・大津・宇治・日光・高野)(+富岡祝勝会)
 第1回「世界遺産サミット」(京都)
  • 2014・10
  • 報道
  • 第2回「世界遺産サミット」(和歌山)
  • 第3回「世界遺産サミット」(岩手)

4 テーマ・イヤーの活用

・・・登録○周年などのテーマ・イヤーを、地域・官民連携で盛り上げます。

ユネスコ条約40周年会議への協力(2012・11)
二条城での「アクアリウム城」への協力(2014・10-12)

※京都の世界遺産登録20周年事業としてスタート。売上の10%が二条城修復、祇園祭の鉾復元、「世界文化遺産」地域連携会議の運営に寄付され、初年度は29万人の入場。

国土交通省国土政策局「国土数値情報(世界文化遺産)」をもとに、世界文化遺産連携会議が加工しました。

国土数値情報約款

World Cultural Heritage (Japan) 日本の世界文化遺産